ゆるり家のケセラセラな日常

愛すべき好々爺となった‘ゆきちゃん(義父)’と、楽天的な私‘ゆるり’との日常。時々‘真彦(ダンナ)’‘ちい(義妹)’も登場します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいても…

真彦がある話を聞いてきた。


Aさんの親戚の話。
Aさんの親戚は80代前半のご夫婦二人暮らし。
Aさんは甥にあたる。

先日「母さん助けて詐欺」ならぬ「おばさん助けて詐欺」にあいそうに
なったらしい。

おばさんには子どもがおらず、電話がかかってきて「Aちゃんかい?」と
いったところ、「Aちゃんだよ。助けて」といってきたという。

会社で失敗してお金が必要といったとか…。

足が悪いから銀行に行けないと伝えたら、あとでまた連絡するといわれた
らしい。

慌てたおばさんは電話を切って、ダンナであるおじさんに伝えたところ、
おじさんは、「大変だ」と慌てなかったものの、詐欺だとも思わず、
半信半疑だったみたい。

とにかくもう一度連絡がくるだろうと待っていたところ、姪っ子が来て
その話を聞き、「おかしい」とAさんに電話して詐欺だと発覚。

結局、そのあと連絡がこなかったこともあり、厳重注意で終わったらしい。



このことがきっかけで、いろいろ聞き取りをしたところ、どうもおばさんに
認知機能問題がでてきているらしいとわかってきたという。

けれど、おばさんは「病院にはいかない」と。
「ボケ薬を飲むくらいなら、死んだほうがまし」といったとか…。

結局打ち崩せなくて、そのままらしい。

本人に病院を拒否されてしまうと、どんなに周囲が気づいても治療は
遅くなってしまう…。

難しい…永遠の難問だと思う。



Aさんは真彦に相談というよりは、世間話のようにしてきたらしいけど、
真彦ははじめて一般の高齢者の本音を知ったとショックだったみたい。

まだまだ「認知症になったら終わり」というイメージはなくならない。

確かに一人でなにもかもすることは、将来的に無理になるかもしれないけれど、
おばさんは、いまならまだ「歳のせい」とごまかせるレベル。

本当に認知症なら、すぐお薬を飲み始めたらいまのレベルを保てる可能性は
大いにある。
もちろん、可能性であって絶対ではないし、一連の出来事がきっかけで
悪くなることも考えられるけれど…。


ある医師がいっていた。
100が健康体だとして、90で薬を飲めば95まで引き上げて生活できる
期間が長くなるけれど、85で薬を飲み始めたら95ではなくよくて90、
もしかすると90まであがらないでの生活になる。

早く治療をはじめれば、進行を抑えて長く自立した生活を続けられる。

進行を止めることはできないけれど、95なら自分で注意したり努力したり
できるだろうから、より進行がおそくなる可能性がある。
薬プラスアルファの力があるということ。

だから早期発見、早期治療といわれるのだ。


話を聞く限りでは、認知症だったとするとアルツハイマー病っぽいので、
認知機能不全が進む前に対処できたらいいなぁと望んだ。



薬がなくても穏やかに生活できる方もいるだろう。
見当識障害に悩まされることなく、自分のことを淡々とできる方も。

でも、都会の高齢者二人暮らし。

支えてくれる子どもさんもいないというので、自分で判断できる今のうちに
いろんなことを知って自衛していってくれたらと思う。

足も悪いというし、高齢だし、薬の量には慎重になってほしいけれど、
そういうことも含めて、正しく知って欲しい。

偏見や思い込みで拒絶しないでほしいと願った。


詐欺は認知症や年齢に関係なく引っかかるというけれど、Aさん、ご親戚には
今後を考えるいいきっかけになったのではと思う。


我が家も子供がいない。
自分たちの将来をしっかり見極めていかないと、甥っ子姪っ子に迷惑がかかる。
それは避けたい。

素直に謙虚に…。
認知症うんぬん以前に、まずはかわいがられる年寄りになる努力をしよう。


そしてできれば認知症になってもかわいい老人として過ごしたい。
ゆきちゃんみたいに~~?(笑)



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
ここをポチしてくれたら嬉しいです!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


朝からテレビでミュージックビデオをつけっぱなし。
しらない人がたくさんいる。
が、きゃりーぱみゅぱみゅの映像には目を奪われた。

ニンジャリバンバンって忍者だったんだ~~。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ゆるり

Author:ゆるり
レビー小体型認知症の義父(車いす・胃ろう・要介護5)との楽しい日々。
介護はテキトーに、お気楽にがモットー!?
カテゴリ「ゆるリ家の出来事」は「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」で書いていた物の中から‘日常’をまとめました。
はじめましての方は、「はじめに」をお読みいただくと、なんとな~く、状況がわかると思います。

カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

かえるぴょこぴょこ

最新記事

月別アーカイブ

11  05  03  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

2011年3月までおしゃべり会ブログより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。