ゆるり家のケセラセラな日常

愛すべき好々爺となった‘ゆきちゃん(義父)’と、楽天的な私‘ゆるり’との日常。時々‘真彦(ダンナ)’‘ちい(義妹)’も登場します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あははは~~(泣)

昼間に、偉そうに、したり顔して記事をアップしましたが~~…
いま熱発確認…(汗)

38.0度。

考え方自体は間違っていないと思うんだけど…。


咳き込み音は確かによくなっているから。
ということは、治りかけの最後っ屁…失礼。

と思いたい。


クーリングをして30分。
だいぶ楽になった模様。

しゃべってるし。
笑っているし。


でも、これ以上上がるようなら、訪問医に連絡だな。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
ここをポチしてくれたら嬉しいです!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


結局、焦ったところでできることは少ない。
見守るしかないんだ。

Comment

はじめまして? 

こんにちは?
要介護4の父の介護を始めて3年です。アルツハイマーと診断されましたが振戦と強張りが激しくパーキンソンの疑いがあるのではとDr.に相談したところアルツハイマーが後期になるとレビー化する事があるとのお話しを受けました。
毎日毎日振るえと強張り…見ていると不安です。心が折れそうです。
レビーとはどの様な病気ですか?
お熱の大変な時にすみません教えて下さい。
初コメントで図々しくすみません。
病気を受け止め父と一緒に頑張りたいと思ってます?

NoTitle 

圭ちゃんの娘さん、ありがとうございます。

もう3年も介護されているのですね。
お疲れ様です。

アルツハイマーからレビーを併せ持つようになることは、最近はっきりといわれるようになりました。
急激に身体の様子が変わられたようですね。
ご心配のことと思います。

レビー化されたのなら、お薬には十分気をつけていただきたいですが、医師がちゃんと「レビー化」という言葉を使われているのなら、その医師はレビーがわかっている可能性がありますね。

お薬の増減には注意し、医師とよく相談されてください。
きちんとお薬が合えば、落ち着いた生活ができますから、しっかり観察されてくださいね。

勉強がご本人とご家族を助けます。
レビーを簡潔に語ることは誤解が怖いので、このブログのリンク先「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」のHPをごらんになってください。
特に、しば記者デスクは必見です。

アルツハイマーとの併発の場合というカテゴリでは書かれていませんが、レビーとはどういうものか…がわかりやすく書かれています。

おしゃべり会はわたしも創立メンバーの家族会です。
メールにて相談も受けますし、東京近郊なら定例会もあります。またゆるりん通信という会報もだしています。

不安だと思いますが、仲間はたくさんいます。
深呼吸して新たにスタートしましょう。
お父様に穏やかな生活をしていただけるように、手はありますから、前向きに考えましょう。

お父様をお大事に。
合わせてご自身も大切になさってくださいね。


  • posted by ゆるり 
  • URL 
  • 2013.09/07 19:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

おはようございます? 

丁寧なお返事ありがとうございました?
早速ブログを拝見して勉強!と頑張りたいところ小1.6年の姉妹の母もしております。休日は彼女達がメインです。
しかし父も子供同様、三人の子育て中って感じ、一番手の掛かる子供です?
7月に介護認定調査があり1→4になりました。頑張っても努力しても報われない事ってあるんだなぁと落ち込みました。悲しくて…でも私が元気じゃないと父も萎みます。元々とても優しく静かな父なので気遣いを感じます。
8月から細かく薬の調整をしてもらってます。その為か変動が激しく不安でした。(まだ調整中)
ゆるりさんの丁寧なお返事を読みなんだか心に染みて涙が出ました。
仲間発見!私も頑張るぞー↑↑↑って感じ、ありがとうございました?
只今、仙台在住ですが新幹線でピューッと、いつかおしゃべり会に参加出来れば良いなぁ〜と夢見ております。
長文コメント失礼しました☺?



NoTitle 

圭ちゃんの娘さん、ご丁寧にありがとうございます。

子育てしながらの介護は大変だと思います。
でも、お子様に救われるコトも多いでしょう。
お父様もちゃんとわかっていらっしゃるようで、いいご家庭なのだと想像しています。

よい医師のようで安心しました。
調整は大変かもしれませんが、きっと落ち着きます。
「大丈夫」とお父様を励ましてさしあげてください。

レビーに限らず、あきらめず明るく笑顔の介護はお子様にもいい影響があると思います。

あ、本もありますので、時間がないでしょうが少しづつでも読んでみてください。
基本的なところでは、小阪憲司「第二の認知症」。

わたしがよくいわせていただいているのは、「できることをできるだけ」です。
無理せず、周囲の協力を得ながら、見守っていってくださいね。
  • posted by ゆるり 
  • URL 
  • 2013.09/08 11:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ゆるり

Author:ゆるり
レビー小体型認知症の義父(車いす・胃ろう・要介護5)との楽しい日々。
介護はテキトーに、お気楽にがモットー!?
カテゴリ「ゆるリ家の出来事」は「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」で書いていた物の中から‘日常’をまとめました。
はじめましての方は、「はじめに」をお読みいただくと、なんとな~く、状況がわかると思います。

カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

かえるぴょこぴょこ

最新記事

月別アーカイブ

11  05  03  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

2011年3月までおしゃべり会ブログより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。