ゆるり家のケセラセラな日常

愛すべき好々爺となった‘ゆきちゃん(義父)’と、楽天的な私‘ゆるり’との日常。時々‘真彦(ダンナ)’‘ちい(義妹)’も登場します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車内の暴力行為

先日、出かけた帰りの電車内で、酔っ払いの暴力行為を間近で見ました。

時間は夜12時近く。
その人は同じ駅から乗りました。

わたしが先にホームにいまして、その人が歩いてくるのを見ていました。

30代前後の男性。
ワイシャツ・スラックスにビジネスバックと、一見してサラリーマンだと
わかる風体。

黒縁眼鏡に丸顔で、短い髪。
背はわりと高く、中肉中背。
歩き方も普通で、何の違和感もない方でした。


それほど混んでいない、座席もチラホラ空いている電車に、同じ乗車口から
数名が乗り込み、わたしと男性は反対側の扉の向かい合わせで立ちましたら

うう~結構なお酒の匂い…。

その男性からでした。

でも時間も時間ですし、‘お疲れさま’と思って気にしないように…。



発車間際、学生らしき数人の男女のグループが乗り込んできました。
煩いというほどではないものの、内容がわかるくらいの声で、楽しそうに
話をしていました。

発車してしばらくすると、横にいたその男性がブツブツつぶやきはじめ…
なんだ?と思ったものの、そちらを見ないようにしていましたら、

ドンッ!!

一瞬車内がシーンとなりました。

男性がこぶしで、扉を力いっぱい叩いたのです。
けれど、それ以上のアクションもなかったし、多くの方は誰が出した音かも
わからなかったと思います。

そして、何事もなかったかのようにまたザワザワと通常の車内に。

わたしも、‘会社で嫌なことがあったのかしら?’くらいに思って、
気に留めず、再び車外を眺めていたら…

「うるさいんだよ!」

と、いきなりの大声に振り向くと、横にいたはずの男性はいつのまにか移動し、
わたしの真後ろでグループの男の子の胸倉を締め上げていました。

‘きゃ~~~(汗)’


男性は「黙れ」「殺してやろうか」「いいかげんにしろ」というような
ことを繰り返し、脅すような声でいっていましたが、いきなりなことに
周囲もその男の子の仲間たちも目が点。

仲間たちが腕を(触る程度)抑えると「手をだすな」と怒鳴ります。
女の子たちも「やめてください」といっていますが、「女を黙らせろ」と
一方的です。


そのグループは全然騒がしくなかったし、おしゃべりは楽しそうでしたが、
小さく輪になっていましたし、姿かたちも言葉使いも態度も好感のもてる
普通の学生で、いわゆるいきがった横柄な自己中心的若者ではなく…

胸倉を締め上げられた男の子は、降りかかった災難に訳わかんないという顔で

「すみません」「気をつけます」

を繰り返していました。


実際に殴るようなことはなかったですが、動くたびにわたしの背中や腕に
男性のシャツや腕がふれるので、身動きできず…(泣)

謝っている相手に「謝れ」を繰り返し、数分。

電車がホームに入り、グループは解放されました。


なんと男性と私は同じ駅で降りたのでした…。

降りる直前「びっくりした」という言葉が耳に入りました。
怪我がなくてよかったね~~。

抵抗しなくて正解だったと思うよ。

しかし、何もできない。止めるなんてできやしないと思いました。
身がすくむってこういうことだと思いました。

勇気がなくてごめんなさい。



男性はホームに降り立ち、携帯電話を取り出し歩きはじめました。

怖いながらも、いまあんなことをして、奥さんに‘迎えに来て’とかいって
たら、バカにしてやる(心の中で)と思って聞き耳たてていたら、どうも
様子が違う。

「生意気」とか「怒った」とかいっているので、もしかして戦勝報告?
と嫌な気持ちになったら、

「黙れ」「死にたいのか」「うるさいんだよ」と怒鳴りはじめた。

あっらら~~。

電話の相手にも噛み付いて…相当な興奮状態でした。



人は見かけによらないというけれど、たぶん普段は普通の会社員なんだろう。
お酒がいけないのか、性格がいけないのか…。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
ここをポチしてくれたら嬉しいです!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



台風通過中しおわったのかな?。
風向きがマンションの横からだからか、あまり実感なし。

災害に合われた方、お見舞い申し上げます。
これから台風が通過される地域の方、十分注意されてくださいね。

Comment

NoTitle 

やだ、ケガがなくて良かった!
びっくりしました。
車掌さん呼べないものね。

昨日の駅の電動車いすのことにしても、
ほんと咄嗟に飛んで行って力を貸すって
いうのができない自分がなんか、、、
でもあのギリギリで、声かけたら落ちちゃうし、、とか。

難しい。

けれど、若い子たちもゆるりさんも災難でしたね。
お酒で暴力でるのは、病気だ。
  • posted by boss 
  • URL 
  • 2013.09/16 11:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

boss、ありがとうございます。

驚きました。
駅員さんといっても、走っている電車ではねぇ…。
あの子達が反抗していたら、手がでていたのではないかと思いますので、オオゴトにならずによかったと。

あの電動車いすの方も…わざとなのか、一生懸命なのか…緊急ボタンの位置を確認するくらいしかできませんよね~実際。

「よけいなお世話」といわれても声をかける勇気が必要だと思いますが…難しい。
  • posted by ゆるり 
  • URL 
  • 2013.09/16 14:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ゆるり

Author:ゆるり
レビー小体型認知症の義父(車いす・胃ろう・要介護5)との楽しい日々。
介護はテキトーに、お気楽にがモットー!?
カテゴリ「ゆるリ家の出来事」は「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」で書いていた物の中から‘日常’をまとめました。
はじめましての方は、「はじめに」をお読みいただくと、なんとな~く、状況がわかると思います。

カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

かえるぴょこぴょこ

最新記事

月別アーカイブ

11  05  03  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

2011年3月までおしゃべり会ブログより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。