ゆるり家のケセラセラな日常

愛すべき好々爺となった‘ゆきちゃん(義父)’と、楽天的な私‘ゆるり’との日常。時々‘真彦(ダンナ)’‘ちい(義妹)’も登場します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗

失敗しました~~。

土曜からニ泊三日でショートのゆきちゃん。
昨日の夕方、真彦と一緒に迎えにいきました。

施設に着いて、顔をのぞきこむと様子が変。

ぐったりした感じで目をつむっています。
声をかけたのが、きっかけのように咳き込みはじめましたが、聞いたことの
ないような痰がらみでした。

施設の方に頼んで吸引をさせていただきましたが…やっぱり変。

熱感がある…。

熱を計らせてもらうと…

39.6度!!!???

あちゃ~~(汗)


わたしたちより、施設の方が慌てています。

ま、当たり前ですね、これほどの高熱に気がつかなかったのですから。

おいおい…とは思ったものの、昼間の検温では36.5度だったらしい
ので、仕方ないといえば仕方ありません。

顔の紅潮もなかったし、手も顔も熱くありませんでした。

それに、気管支炎が完治した状態でショートにだしたわけではないので、
ぶり返しは想像していました。

もしかしたらって。

それでもショートにだしたのはわたし。

とはいえ、十数分前に吸引したといっていましたから、そのとき‘ぐったり’
していると気づいてほしかったとは思いますが。

ま、その程度なのも承知の上。



ともかく急いで帰宅。
帰りの車中でも痰がらみは続き、入院もあるかもと話していました。

家に入って服を脱がせて、吸引して、クーリングして、熱を計ると39.2度。
サチュレーションは92。

訪問医に連絡。
毎週だよ~~はぁああ~~。


しばらくして気づきましたが、不思議なことに、痰がらみは治まっていました。
吸引を一回しただけで、その後は咳き込みが、ほとんどなくなったのです。

3時間後、訪問医がきてくれました。
担当医と担当看護師さんです。

熱は38.1度。サチュレーション92。
クーリングだけで体温がさがっていました。

肺の音はきれいだし、一応サチュレーションも90台なので、大丈夫だろうと、
いつもどおり抗生物質をいただき、在宅看護で。



夜中になり、熱を計ると37.3度。
解熱剤を使わずともさがっています。
本人も楽そう。

サチュレーションも96をマークするように。
あがったりさがったりだから、ときどき92くらいまで下がるけど。


ということで、今回はわたしの楽天的思考がゆきちゃんを苦しめてしまう
結果となってしまいました。

反省。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
ここをポチしてくれたら嬉しいです!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


でも…基本的考えは変わっていない。
寝かせっきりにはしない。
焦りはしないけど。

今朝は36.9度。
おしゃべりしています。
なんだかなぁ~。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ゆるり

Author:ゆるり
レビー小体型認知症の義父(車いす・胃ろう・要介護5)との楽しい日々。
介護はテキトーに、お気楽にがモットー!?
カテゴリ「ゆるリ家の出来事」は「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」で書いていた物の中から‘日常’をまとめました。
はじめましての方は、「はじめに」をお読みいただくと、なんとな~く、状況がわかると思います。

カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

かえるぴょこぴょこ

最新記事

月別アーカイブ

11  05  03  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

2011年3月までおしゃべり会ブログより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。